山城亭のアグーについて

山城亭のあぐー

沖縄では伝統的に豚を使った食文化が発達し、「鳴き声以外全て食べる」と言われるほど。
その中でも希少価値の高いあぐー豚はブランド豚として確立し、県内だけでなく全国的にも知れ渡るブランド豚となっています。
山城亭ではその中でも希少な純血のあぐー豚を自社農場で徹底した品質管理のもと育てています。
そんなこだわりぬいたあぐー豚を肉の性質を活かし余すことなく使用し、多彩なメニューでご提供させていただいています。

アグーの親子

山城亭のあぐー品質の証明

山城亭のあぐー豚は耳標のついて純血アグーです

琉球在来豚	アグー証明書
琉球在来豚	アグー証明書

琉球在来豚アグーについて

アグーは、沖縄固有の貴重な在来豚です。
14世紀末(約600年前)に中国から伝来し、沖縄で飼い続けられていた島豚が「アグー」の起源であると言われています。アグーは古くから沖縄の食文化を支えてきました。

アグーは黒毛で温和な性質で育てやすいが、小型で一頭からとれる肉の量は少なく、発育が遅く出産頭数も西洋種の半分以下と少ないので生産性は良くありません。
戦後は大型で発達の早い外来種や品種改良にともない、数を減らしていき、西洋品種との交配による雑種化もすすみました。
戦前には10万頭いたアグーが30頭近くまで減少し、絶滅寸前となっていたのを名護博物館館長によって保存が唱えられ、北部農林高校の協力により10年かけて戦前に近い形質を備えたアグーが復元されました。

肉質は柔らか臭みがすくなく霜降りの割合が多いという特徴がありますが、コレステロール値は他の西洋種に比べて低く、脂には甘みと旨味成分のグラミン産やアミノ酸も多く含まれています。

アグー飼育場の様子
アグー飼育場の様子
アグー飼育場の様子
アグー飼育場の様子

ご予約お問い合わせはこちら

098-965-2336

現在当日予約のみの受付とさせて頂いておりご予約受付開始時間は16:00から、ラストオーダーは21:00とさせて頂いております。
また、新型コロナウイルス感染対策の観点から満席にならないようにしている為、席が空いていてもご来店をお断りする場合がございますので、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

PAGE TOP